市立中教諭が女児のスカート内盗撮 川崎

2018年03月30日の盗撮事件ニュース

 川崎市は29日、女児のスカート内を盗撮したとして県迷惑行為防止条例違反容疑で逮捕された市立中学校の男性教諭(41)と、窃盗容疑で逮捕された市立高校の男性教諭(61)の2人を懲戒免職にした。

 市職員人事課によると、市立中の男性教諭は昨年10月7日午後1時55分ごろ、埼玉県新座市役所付近の路上で女児のスカート内をデジタルカメラで盗撮した疑いで同県警新座署に逮捕された。今年3月14日に罰金50万円の略式命令を受けた。

 市立高の男性教諭は1月27日午後3時半ごろ、川崎市川崎区の商業施設で、女性がカートに置き忘れた袋から財布(現金約4万8千円など在中)を盗んだとして、窃盗の疑いで川崎署に逮捕された。被害者側と示談が成立し、3月20日に不起訴処分となった。

 小田桐恵職員部長は「子どもに範を示すべき教員が迷惑行為防止条例違反と窃盗行為を行ったことは誠に遺憾で深くおわびしたい」とのコメントを出した。


一覧へ | トップへ戻る
アクセスランキング