女子トイレ盗撮講師 懲戒免職処分

2018年04月02日の盗撮事件ニュース

 奈良県教育委員会は29日、勤務先の小学校で女子児童を盗撮したとして、奈良市立三(みつ)碓(がらす)小学校常勤講師の谷垣拓被告(35)=児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童ポルノ製造)などの罪で起訴=を同日付で懲戒免職処分とした。

 県教委によると、谷垣被告はスマートフォンにビデオカメラを遠隔操作できるアプリをインストールし、犯行に及んでいたといい「性欲を満たすためだった。たくさんの方に迷惑をかけて申し訳ない」と話しているという。

 谷垣被告は2月、校内の女子トイレに設置したビデオカメラで児童を盗撮したとして、奈良県警に県迷惑防止条例違反などの疑いで逮捕された。また昨年9月にも校内で女子児童の上半身を撮影し、動画をパソコンに保存していたとして、児童買春・児童ポルノ禁止法違反の疑いで再逮捕された。


一覧へ | トップへ戻る
アクセスランキング