盗撮目的で勤務先高校に侵入の疑い 教師を逮捕

2018年05月01日の盗撮事件ニュース

京都府伊根町にある府立高校教師の男が、勤務先に盗撮目的でカメラを設置し校内に侵入した疑いで逮捕されました。

建造物侵入の疑いで逮捕されたのは、京都府立宮津高校伊根分校の教師・木村亮人容疑者(25)です。

警察によると木村容疑者は4月9日から24日にかけて、女子生徒や女性教師の下着を盗撮する目的で校内にカメラを設置し、正当な理由がないにも関わらず、校内に侵入した疑いが持たれています。

別の教師がカメラを見つけて校長が警察に被害届を提出、捜査の結果、木村容疑者が特定されました。

警察の調べに対し木村容疑者は「女性の先生、女子生徒の下着姿などを盗撮する目的で侵入し、カメラを設置しました」と供述して、容疑を認めています。


一覧へ | トップへ戻る
アクセスランキング