誘拐した少女を盗撮 児童ポルノ製造容疑で再逮捕

2018年05月11日の盗撮事件ニュース

 茨城県警人身安全対策課と神栖署は10日、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(製造)の容疑で、栃木県矢板市鹿島町の園芸業手伝い、小野田晃浩容疑者(33)を再逮捕した。容疑を否認している。

 再逮捕容疑は、会員制交流サイト(SNS)を利用して誘拐した鹿行地域の少女(16)が18歳未満と知りながら、2月下旬ごろ、小野田容疑者の自宅で着替えている少女の裸を小型カメラなどで盗撮し、児童ポルノを製造したとしている。

 小野田容疑者は4月23日、この少女を2月から約2カ月間、自宅に連れ込んだとして未成年者誘拐の容疑で逮捕されていた。


一覧へ | トップへ戻る
アクセスランキング